刺し子の生地は木綿糸で縫いが施されています。
今ではこれが生地の個性やデザインになっていますが、
本来は寒さが厳しい北国の冬を過ごす為の”布地の補強、保温”の刺し縫いでした。
次第にそれが装飾となり、今に伝わっています。機能的な意味合いから派生した装飾はまさしく用と美を体現する民芸品です。

浅草などの下町のお祭りにもこの刺し子の鯉口を見ることが多いです。
刺し子の生地そのものが”男性的”だと私は感じていますが、
御神輿を担ぐ益荒男達のその風情ととても合っていると思います。

今回はその刺し子生地を生活感の溢れるものに使ってみたいと思いました。
刺し子で”座布団”を作ってみました!
Img_ba62083a6ec9fa663e3c43d7700e2f80875ef7c4
Img_51a2c7351b6a9a399261853ef4968ecb4ee4e91a
器用なペールさん
Img_bf191203e1ed5af73a14c2c97f0ee7deecd43cb5
表柄は風神の手拭い
Img_e45cc2b901960e6d3274f4c90e80b672db152ac4
裏柄は結び雁金の手拭い
スエーデンから来たペールさんが座布団作りにチャレンジしました。ペールさんは「スエーデンは神様が”雷”を起して作った国だ」とおっしゃっていたので、お!これは浅草の風神・雷神様と共通するのでは?とむりくりこじつけて、風神様の手ぬぐいを探してみました。
刺し子の手拭い三枚で制作開始です。この手拭いと合わせて1/3を無地にして作ってみました。
裏側は信州の武将真田氏が使っていた「結び雁金」紋柄です。

ところでスエーデンでは幼少期に身に付けさせる事が一つあるそうです。それは一人の時間を楽しむ為の趣味を持つ事。長い冬の間に彼等が時間を有効に使う為に、必ず何かひとつは没頭出来る趣味を持っているのだそうです。男性でも編み物を電車の中でしていたりするのを見かけるそうです。ペールさんも非常に器用な方でした。運針を両利きでこなしていました!(凄い!)彼はお家で色々な縫い物をしていたそうです。
Img_554ae3632a9c041a1ee9a3a6af9661207163cc9f
座布団の4倍の綿
Img_0e9b1f048c3352895f1d47dbbd152aebe31ab45a
角の作り方がミソ!
座布団の綿入れって意外と難しいものです。
四角にしっかり先端まで綿を入れるにはコツがあります。
このように綿のシートを畳んで入れ込むので、何度もこの綿は打ち直して使うことが出来ます。
Img_2ea9792d080ddd731d5c51b704c1a22da6bc411b
座布団は房があってこそ!
Img_e918a5801ea0b51e3820ec0347f5d5b2da25bee9
夫婦座布団をつくりました!
座布団にカバーをするのも良いのですが、日本の座布団は四角の房と、真ん中の房がポイントのデザインになっているだけではなく、綿を留めている役割もしています。日本の座布団の房は”機能美”そのものです。
Img_f8e003be1a5f9faad821f50c6084a04b692967af
Img_8b367b4d64e7b57c23e9358f387fc0f44700f322
Img_c4df9774137c88a82245cb853144e07aec7a4e49
お疲れ様でした!

座布団作りにご興味ある方はいつでもお教え致します♪♪
浴衣の一生について昔は「はじめは浴衣で着て、そのあとに寝間着になり、赤ちゃんのおしめになって、最後は雑巾にする」とよく聞きます。私は内心、そうは言うけど今の時代そんなことする人いないって!と思っていました。

でも実際に数回着た浴衣を触るとなんとも柔らかい…。
あぁ!これは赤ちゃんの肌にはとても優しい状態の生地質だ!と感じました。
大人が数回着ることで木綿はどんどん腰が無くなる事によって柔らかくなり肌触りがよくなっていきます。
新品ばかりの肌触りに慣れている私たちにとって使い込んだ柔らかさは却って新鮮です。
聞いたことはあるけど、実際に体験するのとでは違う感動があるものですね。

そうして着回して変化していった布は赤ちゃん用へと役割をバトンタッチされて行くのでした。
まるで赤ちゃんが食べやすいように咀嚼して食べ物与えるのと同じような感覚だと気付きました。
一番風呂より二番、三番の方が水質が柔らかくなるように。布も同じなのかもしれません。
物を大切に扱う一方で、母が子を思う気遣いの順序があったことに気が付きました。
Img_366d246b31524f06de44fc9bb82b9f153d71e83e
平成20年の第54回目の『宮城県・鳴子の全国こけし祭り』のポスターです。
この寸足らず感、まん丸のほっぺに浴衣姿。これぞ日本の童って感じですね。
たまんない…ですね、この可愛らしさ!
3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震で多くの方が被災されました。
そんな中に当然の様に妊婦さんや新生児を抱えるお母さん達もいました。
沢山の犠牲者の出たこの災害の中で、新しい命の誕生はこんなにも私たちを
励ましてくれるものだと感じました。

そこで私たち和裁教室では被災されたお母さんと生まれ来る赤ちゃんに向けて
赤ちゃん肌着を制作することにしました!
Img_34dd06dcb557cee56e601408f6ddc491b8f54e70
皆で作業開始です♪
Img_c3dd434ed2f2f4393c4c20a853a917f7dc009eae
それぞれの思いも込めました
選んだ生地はダブルガーゼの手ぬぐいです。そして出来るだけ華やかで可愛くて、質が良いものにしました。劣悪な環境の中で花のように美しいものがあったら、それを可愛い我が子に質の良い肌着を着させられたら、母親の気持ちも明るくなるだろうと思ったからです♪そして手縫いという手書きのお手紙のようなぬくもりを感じてくれればという思いも込めました。
■宮城県山元町へ
今回縫い上げた肌着の第一便はNGO団体の「ジョイセフ」さんを通じて宮城県の山元町へ届けられました。その後、肌着の行方をブログとメールにてご報告を受けました。"ジョイセフさんのブログの報告です"


今回の配付は「母と子の元気市」の名で地元の助産師さんたちが企画をし、ラジオ・新聞などを通して呼びかけたことで 悪天候にも関わらず700名を越える住民の方が集まりったそうです。多くの方々は在宅避難もしくは仮設住宅に入り立てという状況にあり、 妊産婦さん、小さなお子さんのいる お母様方も多く、皆さん 今回お届けした物資に大変感謝されていました、ということです。そして今回私たちが届けた肌着は本当に質がよく、かわいらしくて大好評でございました、との事でした!

ジョイセフさんが推進しているホワイトリボン運動の公式ブログの方でも元気市の詳細な報告がされています。
★震災と東北の子どもたちの宮城山元町ルポ

宮城山元町ルポ(1)

宮城山元町ルポ(2)

宮城山元町ルポ(3)


■都内に避難されてきた妊産婦さんに
第二便は都内に避難してきた妊婦さんへ、東京都助産師会からなる「東京里帰りプロジェクト」を通して赤ちゃん肌着がが届けられました!その後の報告をブログとメールにて頂きました!”東京里帰りプロジェクト”のブログの報告です。


■岩手県の被災された妊婦さんへ
第三便はNPO団体「いわて子育てネット」さんを通じて岩手県で被災された妊産婦さんへ届けられました!
Img_008c7cb22a6b20424665e176b6bf79212447f3b1
宮城県山元町へ55枚
Img_df435cbb8ed460fa988a751e91bc0e596733e018
岩手県へ42枚、都内の助産院へ60枚
Img_58179737068771ed89140ae4c1bfb80ccc5fa4f8
頑張ってるお母さん達へお手紙を添えて
Img_f7b2a0db39c03e0b89c903bceb61e25095e75063
この時代にこの日本に産まれてくる生命と、それを産んで育ててくださるお母様たちに少しでも感謝の気持ちが届くといいなぁと思います!小さなことでも手伝える機会を持てたこともありがたいです。引き続き何か探してはお手伝いさせて頂こうと思います!