刺し子の生地は木綿糸で縫いが施されています。
今ではこれが生地の個性やデザインになっていますが、
本来は寒さが厳しい北国の冬を過ごす為の”布地の補強、保温”の刺し縫いでした。
次第にそれが装飾となり、今に伝わっています。機能的な意味合いから派生した装飾はまさしく用と美を体現する民芸品です。

浅草などの下町のお祭りにもこの刺し子の鯉口を見ることが多いです。
刺し子の生地そのものが”男性的”だと私は感じていますが、
御神輿を担ぐ益荒男達のその風情ととても合っていると思います。

今回はその刺し子生地を生活感の溢れるものに使ってみたいと思いました。
刺し子で”座布団”を作ってみました!
Img_ba62083a6ec9fa663e3c43d7700e2f80875ef7c4
Img_51a2c7351b6a9a399261853ef4968ecb4ee4e91a
器用なペールさん
Img_bf191203e1ed5af73a14c2c97f0ee7deecd43cb5
表柄は風神の手拭い
Img_e45cc2b901960e6d3274f4c90e80b672db152ac4
裏柄は結び雁金の手拭い
スエーデンから来たペールさんが座布団作りにチャレンジしました。ペールさんは「スエーデンは神様が”雷”を起して作った国だ」とおっしゃっていたので、お!これは浅草の風神・雷神様と共通するのでは?とむりくりこじつけて、風神様の手ぬぐいを探してみました。
刺し子の手拭い三枚で制作開始です。この手拭いと合わせて1/3を無地にして作ってみました。
裏側は信州の武将真田氏が使っていた「結び雁金」紋柄です。

ところでスエーデンでは幼少期に身に付けさせる事が一つあるそうです。それは一人の時間を楽しむ為の趣味を持つ事。長い冬の間に彼等が時間を有効に使う為に、必ず何かひとつは没頭出来る趣味を持っているのだそうです。男性でも編み物を電車の中でしていたりするのを見かけるそうです。ペールさんも非常に器用な方でした。運針を両利きでこなしていました!(凄い!)彼はお家で色々な縫い物をしていたそうです。
Img_554ae3632a9c041a1ee9a3a6af9661207163cc9f
座布団の4倍の綿
Img_0e9b1f048c3352895f1d47dbbd152aebe31ab45a
角の作り方がミソ!
座布団の綿入れって意外と難しいものです。
四角にしっかり先端まで綿を入れるにはコツがあります。
このように綿のシートを畳んで入れ込むので、何度もこの綿は打ち直して使うことが出来ます。
Img_2ea9792d080ddd731d5c51b704c1a22da6bc411b
座布団は房があってこそ!
Img_e918a5801ea0b51e3820ec0347f5d5b2da25bee9
夫婦座布団をつくりました!
座布団にカバーをするのも良いのですが、日本の座布団は四角の房と、真ん中の房がポイントのデザインになっているだけではなく、綿を留めている役割もしています。日本の座布団の房は”機能美”そのものです。
Img_f8e003be1a5f9faad821f50c6084a04b692967af
Img_8b367b4d64e7b57c23e9358f387fc0f44700f322
Img_c4df9774137c88a82245cb853144e07aec7a4e49
お疲れ様でした!

座布団作りにご興味ある方はいつでもお教え致します♪♪